大相撲九州場所11日目は横綱白鵬が敗れて全勝がいなくなりました。

大相撲九州場所11日目は横綱白鵬が敗れて全勝がいなくなりました。その一番は今後に大問題になると思います。白鵬は立ち合い嘉風相手に張り手を繰り出しますが、待ったと勝手に判断して力を抜き一気に寄り切られてしまいます。その後白鵬はその判定に不満だったのかしばらく土俵下で不満をあらわにしてしばらく動かずやり直しを求めました。しかし勝負は成立していると行司、審判は判断して嘉風の勝ちと決定しているのでこれは絶対です。そもそも嘉風は先に手をついて待っていました。白鵬はその後手を突いて張り手を繰り出しているので自分自身納得した上での立ち合いだと思います。それが相手にもろ差しを許して不利な体勢になったからと言って勝手に判断してはいけません。NHKの実況藤井アナウンサーはこれをはっきり言っております。審判が勝負成立としているので抗議は無駄であると。これは横綱の振る舞いではありません。日馬富士の暴行問題に揺れる大相撲ですが、土俵内でも外でもモンゴル勢が問題を起こし続けています。残念でなりません。http://www.cinemasurprise.com/